人気ブログランキング |

脊柱管狭窄症|整形外科の主たる疾患

理学療法士の高橋です。

当院ホームページの整形外科の主たる疾患に「脊柱管狭窄症」を追加しましたのでお知らせいたします。

脊柱管狭窄症は、加齢、労働、背骨の疾患の影響で変形した椎間板と椎骨・椎間関節から突出した骨などにより、神経が圧迫されることによる起こる疾患です。
脊柱管狭窄症|整形外科の主たる疾患_b0329026_15393882.jpg

この疾患は、歩行と休息を繰り返す間欠跛行(かんけつはこう)、下肢の痛み、下肢の痺れなどの症状が出現します。背筋を伸ばして立っていたり、歩いたりすると症状が出現することが特徴です。

進行すると下肢の筋力が弱くなったり(筋力低下)、肛門周囲のほてりや尿の出が悪くなったり、逆に尿が漏れることもあります(膀胱直腸障害)。

当院にも、脊柱管狭窄症の症状でお困りの患者様が多く来院されています。

ホームページでは、脊柱管狭窄症の症状、原因、病態、診断、治療に関する情報を分かりやすく紹介しています。

脊柱管狭窄症|整形外科の主たる疾患_b0329026_15422012.png



脊柱管狭窄症の症状でお困りの方、腰部の疾患にご興味ある方は、ぜひご覧ください。




今回もご覧いただきありがとうございました。



たてやま整形外科クリニックホームページ

Instagram|リハビリテーションセンター
FUNDA-REHA BLOB|勉強会予習・復習ブログ






**********************************************************
医療法人社団 志高会 たてやま整形外科クリニック
〒294-0043 千葉県館山市安布里229
TEL:0470-25-1114
FAX:0470-22-7057
HP:http://www.tateyama-seikei.com
**********************************************************





by tateyama-seikei | 2020-07-19 21:20 | 整形外科の主たる疾患

リハビリテーションセンターの活動報告


by tateyama-seikei
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31