人気ブログランキング | 話題のタグを見る

写真で学ぼう!大胸筋を触察するためのランドマーク

理学療法士の高橋です。

大胸筋は、胸部の前面に位置し、鎖骨部・胸肋部・腹部の3部から構成される扇状の筋で、肩関節の内転・内旋作用を持つ筋です。

また、臨床場面では、肩関節前方拘縮の治療ターゲットとして、大胸筋と三角筋・上腕二頭筋短頭・小胸筋などの滑走性を促すために触れる機会も多く、大胸筋と隣接組織をしっかりと触り分ける能力が求められます。

今回は、「写真で学ぼう!大胸筋を触察するためのランドマーク」というテーマで、FUNDA-REHA BLOGに投稿しました。

下のリンクよりご覧いただけます。ご興味のある方は、ぜひご覧ください。



たてやま整形外科クリニックのスタッフの皆さんは、TOC体表解剖勉強会の予習・復習にお役立てください。


今回も、ご覧いただきありがとうございました。

**********************************************************
医療法人社団 志高会 たてやま整形外科クリニック
〒294-0043 千葉県館山市安布里229
TEL:0470-25-1114
FAX:0470-22-7057
HP:http://www.tateyama-seikei.com
**********************************************************
写真で学ぼう!大胸筋を触察するためのランドマーク_b0329026_22221931.jpg






by tateyama-seikei | 2020-07-07 22:23 | FUNDA-REHA BLOG

リハビリテーションセンターの活動報告


by tateyama-seikei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30