人気ブログランキング | 話題のタグを見る

能動型自動間欠牽引装置(腰椎・頚椎牽引)|物理療法機器の紹介

脊椎牽引療法は、頸椎、腰椎などの脊椎症や椎間板ヘルニアのほか、脊椎に起因する症状の軽減を図ることを目的とする物理療法です。



脊椎牽引療法には、椎間関節周囲軟部組織の伸張、椎間板・椎間関節の軽度の変形・変位の矯正、椎間関節の離開・免荷、椎間孔の拡大化、攣縮筋の弛緩、マッサージ的効果による循環改善・促進等のなどの効果があると言われています。



当院には、2階物理療法室に頚椎用と腰椎用の能動型自動間欠牽引装置を配置しております。



腰椎牽引は、腰部の疾患にともなう、腰痛および座骨神経痛、腰部のこわばりなどの症状に対し実施します。一般的には背臥位姿勢で行ことの多い腰椎牽引を安楽な座位姿勢で実施することができます。


能動型自動間欠牽引装置(腰椎・頚椎牽引)|物理療法機器の紹介_b0329026_14210508.jpg




頚椎牽引は、頚部の疾患にともなう、項部・肩・上腕・肩甲間部・傍脊柱部の筋痛やこわばり、頭重感・肩こりなどの症状に対し実施します。


能動型自動間欠牽引装置(腰椎・頚椎牽引)|物理療法機器の紹介_b0329026_14210893.jpg


当院では、看護助手(物理療法部門)を募集しています。
ご興味のある方は、こちらをご覧ください。


物理療法室やその他の物理療法機器の紹介につきましては、こちらをご覧ください。

今回もご覧いただきありがとうございました。

**********************************************************
医療法人社団 志高会 たてやま整形外科クリニック
〒294-0043 千葉県館山市安布里229
TEL:0470-25-1114
FAX:0470-22-7057
HP:http://www.tateyama-seikei.com
**********************************************************





by tateyama-seikei | 2020-06-28 09:48 | クリニック紹介

リハビリテーションセンターの活動報告


by tateyama-seikei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31