人気ブログランキング |

災害時に起こりやすい生活不活発病を予防しましょう

生活不活発病とは

動かないこと(生活が不活発な状態)が続くことにって、心身の機能の低下が起こり、歩くことや身の回りの動作が不自由になりますことをいいます。災害後に多発することで、大きな問題となっております。

今回のブログでは、生活不活発病の症状、原因、予防のポイントについてお伝えします。


生活不活発病の症状

生活不活発病では、以下のような症状が現れます。


1.体の一部に起こるもの

関節が硬くなる

筋肉が痩せて、力が出なくなる

骨が脆くなる

褥創ができる

静脈血栓症⇒肺塞栓症(エコノミークラス症候群) など


2.全身に影響するもの

心肺機能が低下し体力が亡くなる

食欲が無くなる

便秘になる

脱水状態になる など


3.精神や神経の働きに起こるもの

気分が落ち込む

知的活動性が低下する

周囲に無関心になる など


生活不活発病がおきると、歩くことが難しくなったり、疲れやすくなったりして、「動きにくく」なり、「動かない」ことで、ますます生活不活発病が進んでいきます。また、気分の落ち込みや知的活動性の低下、周囲への無関心などが、本当は生活不活発病が原因であるのに「認知症を発症した」と思われ、生活不活発病に気づかれない場合も多くあります。



生活が不活発になる原因

災害により、が変化したことで、生活が不活発になりがちです。

周囲の道などが危なくて歩けない、周りの人に迷惑になるから、とつい動かないということもあります。それまでしていた庭いじりや農作業ができなかったり、災害の後だからと遠慮して散歩やスポーツ・趣味などを控えたり、人との付き合いなどで外出する機会も少なくなりがちです。

このように生活が不活発な状態が続くと、心身の機能が低下し、「生活不活発病」となります。

特に高齢の方や持病のある方は起こしやすく、悪循環となりやすいので、気をつけましょう。



予防のポイント

生活不活発病は、毎日の生活を活発にすることで、予防できます。

1.毎日の生活の中で活発に動くようにしましょう。


2.家庭・地域・社会で、楽しみや役割を持ちましょう

(遠慮せずに、気分転換もかねて、散歩やスポーツなどの趣味にも取り組みましょう)


3.歩きにくくなっても、杖や伝え歩きなどの工夫を

(すぐに車いすを使うのではなく)


4.身の回りのことや家事などがやりにくくなったら、早めに相談を

(練習や工夫で上手になります。「仕方がない」と思わないで)


5.「無理は禁物」「安全第一」と思いこまないで。

(疲れやすい時は、少しづつ回数多く。病気の時はどの程度動いてよいか相談を)


以上のことに気をつけ、ご家族や周囲の方も一緒に、地域ぐるみで工夫をしていきましょう!


b0329026_22395365.jpg






**********************************************************
医療法人社団 志高会 たてやま整形外科クリニック
〒294-0043 千葉県館山市安布里229
TEL:0470-25-1114
FAX:0470-22-7057
HP:http://www.tateyama-seikei.com
**********************************************************





by tateyama-seikei | 2019-09-28 22:42 | 災害情報 | Comments(0)

リハビリテーションセンターの活動報告


by tateyama-seikei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31