行動・心理症状について(認知症)の勉強会

b0329026_14571297.jpg
b0329026_14590972.jpg
介護支援専門員の行貝です。今日は認知症の行動心理症状について院内勉強会を行いました。当院作業療法士の大村が認知症リハビリテーション専門職研修会に参加しており、実践アプローチの発表や方法論を話をしたいということで、全部で各論→DVD→実践方法論→グループワークと4回シリーズで大村作業療法士とコラボレーションして勉強会を行うことにしました。
今回1回目は認知症のイメージが強い行動・心理症状の部分を伝えることにしました。人間の心理と行動は関係性があることを理解してもらったうえで、徘徊や暴言、暴力など行動心理症状が出ている場合は今ある環境や接遇があっていない反応であることを周りが気づいてほしいこと、なんでそういう行動をとっているのか心理を探り、紐解いていくことで本人が安心して過ごせるよう症状を和らげる方法を見つけるヒントになることを伝えました。
次回からは大村OTにバトンタッチし、今回の復習をしてからDVDにて接遇の部分を勉強していきたいと思います。



by tateyama-seikei | 2017-12-22 18:10 | 地域包括ケア | Comments(0)

リハビリ室の活動報告


by tateyama-seikei
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31