第122回 TOC体表解剖勉強会 【三角筋】

理学療法士の駿藤です。


今回、三角筋に対する解剖学的知識、触察技術の向上、エコーを用いて筋の境界の確認と検証、治療について勉強会を行いました。

b0329026_10205720.jpg





三角筋と上腕筋の境界を確認しているところです。前腕を回内位で力こぶを作るようにすると上腕筋の膨隆が明瞭に確認することができます。

b0329026_20553628.jpg





石原PTが三角筋鎖骨部の内側下縁の触察をしているところです。被験者の上肢を軽度外転・挙上させることでその境界を明瞭に確認することができます。挙上で三角筋、内転で大胸筋の収縮を確認し、その境界を確認できます。

b0329026_20555533.jpg




三角筋肩甲棘部の内側下縁の触察をしているところです。腋窩の直上あたりが筋腹が厚く触察しやすい部位になります。

b0329026_20565040.jpg





三角筋と上腕筋の境界が正しく触察できているかエコーを用いて確認しているところです。
b0329026_22013079.jpg





本日も、充実した勉強会となりました。事前に高橋さんと指導するポイントや進行について打ち合わせしたので、
スムーズに進めていくことができました。次回は大胸筋、小胸筋をテーマに行っていきます。最後まで読んでいただきありがとうございました。





**********************************************************
医療法人社団 志高会 たてやま整形外科クリニック
〒294-0043 千葉県館山市安布里229
TEL:0470-25-1114
FAX:0470-22-7057
**********************************************************





by tateyama-seikei | 2017-06-23 21:36 | 勉強会 | Comments(0)

リハビリ室の活動報告


by tateyama-seikei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31