第19回運動器系体表解剖セミナーAコース 受講 (東京会場)2回目


理学療法士の駿藤です。
先日、体表解剖学研究会が主催する第19回運動器系体表解剖セミナーAコース
(2回目)を受講してきました。





セミナーは東京会場の東京工科大学蒲田キャンパスで行われます。

b0329026_13355875.jpg






1日目
はじめに、大胸筋、小胸筋の骨指標となる鎖骨、烏口突起、第2・5肋骨を
マッピングしました。

b0329026_13370786.jpg






その骨を指標に大胸筋の鎖骨部、胸肋部、腹部(赤)をマッピングし、
烏口腕筋を起始とする小胸筋(緑)をマッピングしました。
続いて、三角筋の鎖骨部、肩峰部、肩甲棘部(青)をマッピングしました。
b0329026_14240221.jpg




b0329026_13400502.jpg






b0329026_13392922.jpg








2日目
はじめに、指標となる肘頭、上腕骨の内側上顆・外側上顆を描き、
次に、上腕三頭筋の長頭、短頭、内側頭をマッピングしました。

b0329026_13421352.jpg






b0329026_13415680.jpg






b0329026_13413754.jpg





次に、上腕二頭筋長頭(赤)、短頭の起始腱(緑)、烏口腕筋(青)です。
b0329026_14262953.jpg





b0329026_13430346.jpg





b0329026_13433552.jpg





次に手部を掌側からみて、短母指外転筋(赤)、短母指屈筋(青)、
母指内転筋(緑)、第1虫様筋(赤)をマッピングしました。
b0329026_14273151.jpg





短母指外転筋と筋連結している母指対立筋(赤)を触り分けました。
b0329026_14270971.jpg





次に、第1背側骨間筋(赤)、橈骨動脈(青)をマッピングしました。
b0329026_14275481.jpg





次に、小指側から小指外転筋(赤)、短小指屈筋(青)をマッピングしました。
b0329026_14282468.jpg





b0329026_13462275.jpg






 体表解剖セミナーを受講したことによって自身の出来ている事と出来ていない事を再認識し、出来ていない事や疑問に思っている事を講師の先生方に質問ができたので今回も実りのあるセミナーになりました。
 今後も予習と復習を事前にしっかり行い、自身の課題を明確にしてセミナーに臨んでいきたいと思います。













[PR]
by tateyama-seikei | 2015-09-20 13:35 | 体表解剖セミナー | Comments(0)

リハビリ室の活動報告


by tateyama-seikei
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31