第35回 TOC体表解剖勉強会【棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋】

理学療法士の高橋です。
今回は、回旋筋腱板を構成する『棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋』をテーマに勉強会を行いました。

後頭方から観察した棘上筋(赤)です。
b0329026_22472998.jpg

後外側方から観察した棘下筋(緑)、小円筋(青)です。
棘下筋上部線維は、触察が困難なため想定位置にラインを引いてあります。
b0329026_22481068.jpg


いつものように、解剖・機能・評価についての講義を行った後、触察方法のデモンストレーション、触察実習を行いました。
各スタッフとも真剣に触察実習に取り組んでいます。
b0329026_22470590.jpg

勉強会終了後、駿籐PT・小貫PTと居残り練習を行いました。
小貫PTが、棘下筋の下部線維を触察しています。
b0329026_22483420.jpg



棘上筋の前上縁を触察しています。
僧帽筋と間違えないよう、触察感や走行方向に気を配り、触察しています。
b0329026_22485207.jpg

肩甲下筋の外側下縁付近の筋腹を触察しています。
大胸筋を押しのけながら、厚みのある肩甲下筋の筋腹を触察しています。
b0329026_22490975.jpg

こちらは、おまけです。
肘を用い肩甲下筋をダイレクトストレッチしています。
治療してもらい駿籐PTも喜んでいます。
b0329026_22492398.jpg

今回も各スタッフともしっかりと予習をしており、スムーズに実習が進みました。
b0329026_22494667.jpg

次回は、『三角筋』をテーマに勉強会を行う予定です。
皆さんお疲れ様でした。

[PR]
by tateyama-seikei | 2015-06-25 22:14 | 勉強会 | Comments(0)

リハビリ室の活動報告


by tateyama-seikei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31