勉強会:膝関節のアライメント評価

理学療法士の高橋です。

本日は、膝関節における静的・動的なアライメント評価方法についての勉強会を行いました。

背臥位にて、非荷重位における脛骨大腿関節の静的アライメントの評価方法を確認しました。
b0329026_00202706.jpg


背臥位にて、膝の回旋アライメントの評価方法を確認しました。
実習生も実習のフィードバックの後に参戦しました。
b0329026_00211811.jpg

立位にて、荷重位における脛骨大腿関節の静的アライメントの評価方法を確認しました。
b0329026_00253726.jpg

b0329026_00254993.jpg

座位にて、膝の屈伸運動に伴い生じる回旋運動(スクリューホームムーブメント)を確認しました。
b0329026_00205677.jpg

片足スクワットにおける脛骨大腿関節における動的アライメントの評価方法の確認をしました。
ほとんどのスタッフで、Knee-in & Toe-out(KITO)という不良アライメントが観察されました。
b0329026_00242718.jpg

b0329026_00250236.jpg

b0329026_00244198.jpg

b0329026_00240478.jpg

今回も実技を中心に楽しく学ぶことができました。
自分の膝の状態を客観的に確認する良い機会となりました。
今後予定されている治療編でどこまで改善するか楽しみです。

[PR]
by tateyama-seikei | 2014-09-25 23:01 | 勉強会 | Comments(0)

リハビリ室の活動報告


by tateyama-seikei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30